死ぬまでにやりたいこと100

初日の出 死ぬまでにやりたいこと
何かで見て何かで影響されたのでちょっと以前書きかけていたものを更新も含めて書いていきたいと思います。区切った方がいいのかな?少しずつ足して行こうと思います。
とりあえず今回は5つほど。先は長い・・・(笑)

1.「天覧山」に登る →達成!

 これは近所にある山、というか丘?なんですが、子どもでも30分くらいで登れる小さな山です。
幼稚園児が遠足で行くような所なので危なくもないです。
「ヤマノススメ」という深夜アニメにも取り上げられてます。第3シリーズまであります。まだ続きそうです。最初は地元の話だというので録画してみてみたんです。確かに、観光どころの河原や橋、よく行くお店や近所のお寺などなど、色々出てくるので子どもと見てたら子どもがハマってしまって、全話見ちゃいました(笑)。第1シーズンは5分アニメ?だったんですが、評判が良かったのか第2、第3シーズンは15分アニメになってました。ありえない所に豪邸が建っていたり、あんな交通量多い狭い道は園児歩かないよ?もちろん通学路でもないよ?あの店でアイス買ってその場所までけっこうあるよ??アイス解けちゃうよ??・・・なんて場面もあったり、地元民ならではのツッコミも入ります(笑)。巡礼される方は気を付けてください。位置や距離は物語の都合に合わせてディフォルメされてます。
30分くらいは歩けるので良い目標かと。
市内に越してきて10年くらいになりますが未だ登った事はありません・・・
~追記~
登りましたよ。2018年の秋ころだったかな?
リハビリの先生が付き添ってくれました。
このあと年明けからぐっと体調悪くなってきたのですが、このころはまだ比較的楽だったころで、今はちょっと・・・行こうという気力すら起きません(笑)行っといてよかったです。

2.富士山に登る

これも1番と関係ありますが、山のススメで女子高生達が、天覧山→富士山の見える山→富士山、と山登りをステップアップしていくのを見たのででちょっと登ってみたいと思いました。日本人として1度くらいはね。
でも世界遺産になりましたが、あれ何の意味があるんでしょうね?
本当に大事にしたいならそっとしておけばいいのに。むしろ立ち入り禁止にしてもいいくらいだと思います。人が集まれば集まるほど汚され、トイレや飲食できるところが作られたり、観光特需でお土産屋やら、出店やら集まってろくなことないと思うんですが。ゴミやらウンコやらで汚くて、登山家の野口さんなんかはわざわざゴミ拾いのために富士山に行ってるとか。今はどうなんでしょうね?一度はごみ問題で世界遺産ダメになったくらいですからね。行きたいような、離れたところからそっと眺めていたいような、そんな気分です。
線路から見える富士山

天気がいいと富士山見えます

5合目までは登ったことあるんですよ?
車で(笑)

3.自転車を乗りこなす

 以前、退院して体調がよくなってきてた頃、何度か練習したのですが、車が来ないような道なら乗れます。ただ、常にフラついててかなりの危険人物です。酔っ払いが乗ってる感じですね。さらに年明けてから眩暈も痺れも強くなってるので、最近は乗ろうという気にもなれません。補助輪付けたいくらいです。
警察官なら間違いなく職質対象でしょう
・・・職務質問・・・苦い思い出です。若い頃はよくされました。

イベント関係は週末に集中してるので、着ぐるみや、ピエロやなんかは週末が忙しいです。若い頃は毎日撮影の仕事(主にエキストラ)がもらえるわけでもないので、平日はブラブラしてる事が多かったのです。
すると、スーツ姿の男性「ちょっとすみません~」と明るく声をかけられました。キャッチかなんかだな、と思い知らんぷりしてるとしつこく何度も声をかけて付いてきます。あまりにもうざいので「はい!?」とキレ気味に振り向くと、スーツの内側から警察バッチをチラッと見せて、「こういう者です」と一言刑事ドラマか!本当にああいう風にやるんですね(笑)
「どちらへ行かれるんですか?身分証かパスポートお持ちですか?」
外国人あるあるですね〜。
・・・って日本人ですから!日本国のパスポートもアルヨ!
私服警官て本当にいるんですね。
台湾の女の子(もちろん合法滞在です)に、「職質って結構やられてめんどくさいよね?」と何かの会話の流れで行ったら、「え?私一回もないよ?」と、逆に驚かれました・・・。
都内では不法滞在の外国人検挙けっこうやってます。皆さんも気をつけましょう。自分の友人はこれで2人強制送還されました。犯罪者じゃないですよ?真面目に働いていましたがビザが切れていたんです。
強制送還というと犯罪者、逮捕みたいなイメージありますが決してそういうわけではありません。
ビザが切れてるともちろん滞在しちゃいけないので、見つかるとそのまま品川の収容施設に連れて行かれます。家に残した荷物や、見られたくないものも自分ではどうすることもできません。
そこからは2度と出してもらえません。祖国へ強制送還されるのみです。面会はできますが、窓ごしです。
強制送還といっても旅費は自腹!
そこで自国までの飛行機代を工面すると晴れて帰国となります。
売人とかはもちろん逮捕されますが、ここは出稼ぎに来てたり、ただビザが切れてたり、といった普通の人が多いようで、いろんな国の人もいて和気あいあいと楽しそうにやってました。(笑)
捕まると家に戻ることも許されないので、荷物や後処理は残された仲間に頼るのみです。電話はできるのでそれで指示します。
頼まれた方はたまりません。なんとかしてください。
最高記録は一日に3回それぞれ違う駅前で職質受けました。その時はさすがに、
「またですか⁉️」と言っちゃいました。
「今日3回目なんですけど何か要人でもきてるんですか?」言うと同時に免許証を提示すると(もう対応に慣れてきてる笑)半ギレで言うと、「いや〜そう言うわけではないんですが・・・」と警察官を恐縮させてしてました。
それ以来、サングラス、赤いアロハシャツ、シルバーのズボンの組み合わせはやめました。え?平日に怪しすぎ?いやいや、ファッションは自由でしょ!芸術は爆発だ!!

えー、なんの話でしたっけ??
えー、まとめると・・・
対向者がくると自転車から降りるおばさまがいますが、今ならとても良く気持ちがわかります。
うっかりフラついてぶつかっちゃうかも!と思って、めっちゃ怖いです。
とにかくちゃんと乗れるようになりたいです。いつの日か。今は大人の3輪車が欲しいです。(笑)

4.車を運転する

 まだ4番ですね・・・書き始めてもう2時間経ちます。(笑)
3輪、4輪だと倒れる心配はないですが、右足の感覚が弱いので、ペダルの踏みかえが一番心配です。運転は好きなのでいつかまた乗りたいです。
~追記~
ついに先日、セレナe-powerという日産のミニバン車を買いました!ローンバリバリです!
普通のファミリーカーですが、車線を判断して自動でハンドル操作してくれたり、ワンペダルといって、片足で踏むと進み、離すと止まるんです!!踏みかえしなくていいんです!
めまいが落ち着いたら練習して乗りこなしたいです。また報告しますね(笑)

5.バイクを運転する

 一応大型免許持ってます。昔はナナハン(死語?)乗ってました。750㏄の大型バイク軽自動車の排気量は600㏄なんで、それより大きなエンジンに跨ってることになります。めっちゃ早い!!
しかし今は宝の持ち腐れ(笑)自転車さえおぼつかない今の自分には自殺行為です。
昔は、限定解除、なんて呼ばれてましたね。
以前は教習所では中型免許までしか取れず、免許証に「中型に限る」と書かれていたのです。
自分で試験センターに行って、いわゆる一発試験を合格すると、中型限定が解除され、なんでも乗れるようになる=限定解除、というわけでステータスでもあったのです。
今は教習所で取れるそうです。
自分はアメリカの免許書き換えの、「助っ人外人枠(野球用語)」だったので試験もゆるゆるでした。
筆記はパソコンの画面を使ってのマルバツクイズ!
(問一)赤信号は止まりません・・・バツ!正解!
こんな感じで語学力を試すような問題が10問。6問正解すれば決勝進出です。日本語ペラペラの自分には死角はありません。
実地試験ももちろんあります。が、実際の大型免許ではスラロームや一本橋で走行時間が決められてるんです。
速さを競うんじゃないですよ?
タイヤ2本分あるかないかの細い道を数メートル、何十秒もかけてゆっくり走るのです
スロットル回しながら、ブレーキ調整し、ゆっくりゆっくり走るんです。
もちろんできますよ?アメリカで乗ってましたし。でも、助っ人外人枠に時間制限なんて関係ありません。
落ちずに通れればいいのです。
車も書き換え試験受けましたが、試験センター内のみの試験でしたし、脱輪(クランクやS字で縁石を踏むこと)がなければ合格でした。
想像ですが、出張や仕事で来てて免許証が必要な人も多く、自国で乗ってたんならなるべく取らせてあげようという忖度(笑)があるんではないでしょうか?
もちろん20年も前の話なので今はわかりません。思い出話だと思ってください。
今でも乗りたい気持ちはありますが、まず無理なので、3輪バイク(トライク)だったら欲しいです。
ということで、また時間見つけて更新していきますね。
↓みんなに見てもらえるようにクリック応援を♪
ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村
↓みんなに見てもらえるようにクリック応援を♪
ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村
死ぬまでにやりたいこと
病気の参考、気晴らしになれば幸いです♪
TAKAAKiをフォローする
たかあきブログ~4児の元劇団員パパ闘病記

コメント

タイトルとURLをコピーしました