第54回 おすすめステッキいろいろ

車いす生活からの卒業~に合わせて段階を追って様々な杖を利用してきました。今も使っています。

今回は、杖にもいろいろあるのでそれらを紹介したいと思います。

まず1番最初に練習したのはコレ。

「4本杖」と呼んでたんですが、正式には「4点支持杖」「4点杖」というようです。

持ち手が水平で、地面との設置点が4か所あるので、とても安定していてしっかりと体重をかけられます。地面との接地面を支持基底面というのですが、これが広ければ広いほど安定します。普通の杖と違って手を放しても倒れないので結構便利ですが、歩けるようになってくると「面」で地面を捉えるこの杖はまどろっこしく感じます。ゆっくり、1歩1歩あるく人のための杖ですね

その人の歩く速度や、好みによって4点の広さも変わり、支持基底面の広さでいろいろえらべます。

次にご紹介するのはいわゆる普通の「杖」。

持ち手は同じですが接地面が1点になっています。安定性は4点よりも劣りますが、その分スピーディーに歩くことができます。体重をかけるというよりかは、ふらつかないよう補助器具としての役割が大きいです。これを使って歩ければもう退院も間近です。自分の場合はめまい・しびれのためにふらつきがあったので、入院中はあまりこれは使いませんでした。

一番お世話になったのはコレ。

ノルディックスキーのストックをウォーキング用に改良した「ノルディックポール」。山登りなんかのトレッキング用だと先が金属でとんがってますが、これは路面で歩くことを想定されているので「ゴム先」になっています。これだと1本杖に比べて2倍安定します。自分の足2本と2本のポールで4本足で歩いているようなもの。支持基底面も格段に広くなり、安定感抜群!ふらついてもサッと体を支えられるので安心!入院中に購入し、退院した現在も愛用しています。歩くのが楽だし、姿勢もよくなります。

ただ、荷物があったり、買い物や電車やバスを乗り継ぐのには邪魔になるので、オシャレ(?)ステッキと併用しています。

亡くなった祖父が持っていたほとんど未使用のこんな杖。軽いし、邪魔な時は腕や適当なとこにひっけることもできて、ちょっとした外出には便利です。あと、これを持っていると座席を譲ってもらえます!人ごみの中、自分の大変さをなかなか分かってもらえないことが多いのですが、これを持つことで無言でアピールできて、まわりに気を使ってもらえます(笑)逆に「ノルディックポール」は歩きやすくて楽なんですが、元気満々なウォーキングの人だと思われちゃうので、どちらも一長一短なんです。

こんなのも売ってるみたいです。え?これ可愛くない?オシャレ!ほしい!12,960円・・・高い!!

あと杖ではないですが、意外と便利なのは「ベビーカー」「ショッピングカート」。これに掴まって押して歩いているとすごく楽です!まあ、歩行器みたいなもんですしね。お店に入ったら迷わずショッピングカート利用しています。おばあちゃんが街中で押して歩いてるカートもちょっと欲しいです(笑)

押して歩いて、荷物も入るし、疲れたら座れるし、折り畳み式もあるみたいで、これって実はとても機能的!「シルバーカート」「ワイヤーカート」 というみたいです。ちょっと欲しいけど、背中まるまりそう・・・。ベビーカーもよく押しますけど、末娘もそろそろ卒業なんです。ベビーカーだけ押してもよさそうなもんですが、あれって誰も載せてないと軽すぎて安定しません。体重かけたとたんひっくり返ります。親御さんでベビーカーに荷物いっぱい引っ掛けてて、子ども降ろした途端ひっくり返る、ってのは子育てあるあるではないでしょうか。

あとは電動カート、電動3輪車、電動スクーターなどなど、移動に便利な気になるガジェットはいろいろありますが、当分は二本の足でリハビリですね。楽すると筋力落ちちゃいますしね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました