ホームベーカリー(Panasonic SD-BMT1001)でパンを作った

おすすめ

我が家の Panasonic SD-BMT1001。

最近、乳化剤や添加物が気になってます。
原材料を見てなるべくそれらが入ってないものを買っています。
安いパンには必ず乳化剤やその他諸々が入ってます。
よくわかりませんが、あまり体によろしくないものらしいです。
食パンを各メーカー見ると、「乳化剤不使用」とわざわざ書いてあるものがあるくらいなので、そう言うことなのでしょう。
食の安全に加え、焼きたてパンが家庭で食べられる!
好き嫌いの多い子どもたちもこれなら食べてくれるのでは?と期待も込めて。
調べてみると、パナソニックが力を入れて作ってる様子。
最新の定価は・・・5万円!たかい!むり!
・・・ですが、型落ちなら2万円前後
溜まってたポイントを総動員して5000円ほどで買えました。
型落ちで十分!
レビューを見ると、音は静か、とても美味しい、手入れも簡単!と三拍子。
注文から数日、届いて では早速パン作り!
、、、と思いましたが材料がいります。
あたりまえ。
「強力粉、ドライイースト、スキムミルク」
全部スーパーで買えます。
強力粉は小麦粉なので当然「小麦粉」コーナーで探しましたが・・・みつからない!
なんと「その他の乾物」コーナーにありました。めんどくさい。
ドライイーストは酵母菌のことです。これも粉末状の物が近くに置いてありました。
この生きた酵母菌が呼吸してパンがと膨らむという仕組みです。
最後にスキムミルク
ミルクですから賢いボクは迷わず牛乳コーナーに行きました。
カミさんが子どもたち用に飲む用の牛乳を何本か買ってます。
スキムミルク(無脂肪牛乳)もここで買うんだろうと思っておりました。
ところが!
なんとカミさんは「脂肪分0」と書かれた牛乳をスルーするでは、ありませんか‼️
自分「えっ?無脂肪牛乳買わないの?」
妻「えっ?」
自分「えっ?」
と会話にならない会話をしました。
事前に買う物はお互い確認したはず。
「スキムミルクいるでしょ?」と言うと、
え?これでしょ?と見せられたのが「粉ミルク」
いわゆる脱脂粉乳
自分「ん??なにこれ?」
妻「スキムミルク」
??????
自分の中では、skim milk = 無脂肪乳 (fat free milk)だと思っていたのですが、
日本では、スキムミルク = 脱脂粉乳、を指すということだったのです。
ニホンゴ、ムツカシイネ。
ボクのニホンゴまだまだネ。
思わずカタコトになってしまうほど、カルチャーショックを受けました。
いまさら。帰国して20年も経ってまさかこんな時間差でダメージくらうとは思いませんでした。
カミさんいなかったら迷わず牛乳買って、シャバシャバのパン生地を作っていたことでしょう・・・やっぱり結婚するなら現地妻、いや、現地人ですな。日本なら日本人。火星なら火星人。
そんなこんなで無事材料を手に入れ、あとはぶち込むだけとなりました。
取扱説明書をみながら、分量を量って、砂糖・塩・バターをぶち込みからのー
イースト菌、投入!
そして、予約ボタン、スイッチオン!
ボタンを押す以外はここまで全てカミさん任せ。まさにカミ頼み。
はい、無事スイッチを押すという大役を終えました。
しかしながらめっちゃ簡単!
あとは自動でこねて、発酵させて、焼き上げまでやってくれます!
100年後には、自動で焼き上げて、ジャムを塗り、食べて、排泄までするようになるでしょう。
音はほんとに静かです。
動いているのか心配になって耳をすませて、手を触れてみました。
かすかな振動と「ウィーン、ウィーン」という音を確認して一安心。
しばらくするとそれも収まり、翌朝まで熟成タイム!
で、翌朝・・・

じゃじゃーん!

す、すごい!まるで食パン!!
専用のミトンまでついていて至れり尽くせり。
さすが天下の松下電器!
これは正にパン!熱いのでザルで受けてちょっと冷ましました。
切る時ちょっとつぶれちゃいましたが、出来立てはほっかほかで、甘みもあってうんまーい!
子どもたちもモグモグ食べ、1斤完食!
大・成・功!!わーいわーい
次はピザ編です。
↓みんなに見てもらえるようにクリック応援を♪
ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村
↓みんなに見てもらえるようにクリック応援を♪
ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村
おすすめ
病気の参考、気晴らしになれば幸いです♪
TAKAAKiをフォローする
たかあきブログ~4児の元劇団員パパ闘病記

コメント

タイトルとURLをコピーしました