第58回 妖精ちゃんといたずら

おじいさんシリーズ~脳出血~

リハビリは日曜を除くほぼ毎日3時間行われました。1時間ずつ3回です。その日によって時間はまちまちで9時~5時の間に行われます。朝8時から朝食があり、その後その日の予定を告げられるのですが、9時からだととても慌てます!

食事に慣れてなかったり、体調が悪かったり、食べにくいもの(固めの肉とか)なんかが出ると40~50分かかることもあり、食事を終えて薬を飲んで車いすで病室に戻ると予定表の紙がすでに貼られていることもあります。面会の予定や、一時外出の予定なんかがあるときは予定を知らせに来てくれた時に伝えると変更してもらるのです。基本的に単独での院内移動は禁止されているので、毎回担当の先生が病室まで迎えに来てくれます。9時開始のときは食事が遅いとすでに病室でお迎えが待っていることもあり、慌てて歯磨きして行くことになります。

10時~・13時~・15時~、みたいに間が空いていると身体が休まるのでいいのですが、毎回そういうわけにもいかず、2コマ・3コマ続くこともあります。それだと病室往復しなくていいので効率的ですが、とにかく疲れます!休み休みになるのでかえって効率悪いかも・・・。さすがに3コマ続きにはならないように調整してくれますが、2コマ続きは何度かありました。だいたいリハビリ後はいつも疲れてベッドに横になって寝てしまっていましたね。

そして体力に余裕がでてくると、妖精ちゃんのお迎えに合わせていたずらを仕掛けるようになりました。

1.眼鏡に目を描いて寝たふり。

眼鏡って汚れをはじく効果があるのか、油性マジックで書いても書けないようになっています。しょうがないので紙に目玉を書いて左手でハサミを使って切り、セロテープで貼り付けまし。もちろんーテンを閉めて待ちます。「失礼しまーす、リハビリの時間ですよ~、うわ!」と驚いてくれました。

2.毛布を丸めて布団に入れカーテンの陰に隠れる。

身代わりの術ですね。なかなか人がいるような膨らみにするのは難しかったです。「時間ですよ~。あれ?寝てます?あれ?もしもし~?・・・あ、いない・・・??」思わず笑ってしまいました。「どっきり大成功」の看板が欲しい所です。

3.頭と足を逆さまにして寝る。

物がない状態で毎回趣向を凝らすのは大変なんです。単純ですが、「失礼します~・・・あ、足だ・・・何やってるんですか~(笑)」と笑ってくれました。

4.人形を寝かせておく。

リハビリには普段やっていたことをやるのがいいと言われ、使ってない人形を持ってきてもらって動かして遊んでました。これは可愛くて好評でした。「あ、おじいさんが寝てる・・・(笑)」
おじいさん
このあとおじいさんを車いすに乗せて押していきました。みんな笑ってました。

5.パンダになりきってみる。

なりきってみました。「失礼しまーす、、、パンダだ(笑)」
ぱんだ
自分では見えないので妖精ちゃんに写真撮ってもらいました。このパンダタオルは着ぐるみ仲間からの差し入れですがとても役に立ちました。

他にもいろいろやりましたが、覚えているのでウケたのはこんなもんですかね。いやーほんと毎回毎回なにか考えるのは大変でした。残念ながら9時開始だと時間なさ過ぎてなにもできませんね(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました